私たちの仲間を紹介します

 ベルアージュでともに働くスタッフのインタビューをご紹介します。ベルアージュには現在、85名のスタッフが在籍しています。10代から60代までさまざまな年代の、さまざまな経歴をお持ちの方々が働いています。保育士や社会福祉士、介護福祉士、初任者研修修了など障害福祉の専門資格をお持ちの方はもちろん、資格や経験の無い方も年齢を問わず積極的に受け入れてまいりました。パート職員として入社して、ご希望により正社員になられた方々も多くおられます。そういった多様なバックグラウンドを持ったスタッフがチームとして障害児童や高齢者の支援にあたっています。ベルアージュの事業所は、放課後等デイも高齢者デイも利用者定員は10人で小規模で、地域に根ざしたアットホームな環境が特徴です。放課後デイや高齢者デイで子供たちや利用者さんが過ごす時間は生活の中の一部でしかありませんし、人生の中でも通過点ですが、とても大切な時間です。私たちはスタッフ皆で、「デイにいる時間だけ」を考えるのではなく、子供たちや利用者さんの「人生や生活の中でのデイ」という観点を持って、日々、支援を行っています。

子供たちの成長を感じられる

OKINAKA, Sueko

放課後デイ「ポノのいえ」 児童発達支援管理責任者沖中 末子

子供たちから教えてもらうことも多い

 この仕事でやりがいを感じるのは、子供たちの成長を感じた時です。そして、日々の支援の中で子供たちから教えてもらう事も多く、私も頑張ろう!という気持ちに張りが出ます。そして、心から嬉しいです。
 子供たちの発達支援はスタッフ間のチームワークが大切です。会社の方針のもとで、ある程度方法は任せてもらえるので、スタッフ皆で「あれやってみよう」「これはどうだろう」という会話が絶えません。スタッフの皆と過ごす時間も、私の生活の中でとても楽しく、大切です。今後も、仕事のON、OFFのバランスを感じながら関われるといいなあと思います。

働きやすい環境を作ろうとしてくれる

 ベルアージュの魅力はというと、社長を始めとして会社が、従業員が働きやすいように研修の参加を応援してくださったり、楽しい行事を企画してくださったりと従業員を気にとめてくださっている事です。発達支援の専門職としてのものから働き方やリーダーシップまでいろいろな研修を受けました。
 定年が70歳であることも魅力のひとつです。私は、元気な70歳でいたいと思いますし、未来ある子供たちの成長に関わることができるこの仕事をこれからも続けていきたいです。

“ワクワク”や“おもしろさ”を見出すことへの 好奇心と情熱

療育。そして、共感

子供たちの可能性を広げる

 私は児童発達支援管理責任者として、子供たちの発達の計画や経過の観察(モニタリング)などを主な職務としています。そのなかで、療育内容について特に深く考えています。療育方法はいろいろあると思いますが、工作やゲームを通じて感覚や考える力を養っていったり、達成感を味わい子ども達の自信につなげていくような事を大切にしています。また、わかってもらえたという実感が子どもたちに出来るよう、共感する事も大切にしています。

安心して働ける

 ベルアージュは、当然、社会保険などは完備していますし、交通費も支給されます。小さなお子さんがいらっしゃるパートさんや社員にもシフトなどでできるだけ配慮してくれます。障害児に対する発達支援という専門分野ですので、勉強を重ねることも必要ですし、日々、わからないことや予想外のことも多いです。だって、子供たちは皆個性があるし、誰一人として同じ人格や成長スピードの子はいません。だから、思いがけないことが起こるのは当たり前です。子供たちを療育している私たちが、日々、子供たちから教わることのほうが多いと感じています。子供たちの成長に触れながら毎日を過ごせるこの仕事に、とてもやりがいを感じています。

求人採用のエントリーはこちら

求人票/エントリー