私たちの仲間を紹介します

 ベルアージュでともに働くスタッフのインタビューをご紹介します。ベルアージュには現在、85名のスタッフが在籍しています。10代から60代までさまざまな年代の、さまざまな経歴をお持ちの方々が働いています。保育士や社会福祉士、介護福祉士、初任者研修修了など障害福祉の専門資格をお持ちの方はもちろん、資格や経験の無い方も年齢を問わず積極的に受け入れてまいりました。パート職員として入社して、ご希望により正社員になられた方々も多くおられます。そういった多様なバックグラウンドを持ったスタッフがチームとして障害児童や高齢者の支援にあたっています。ベルアージュの事業所は、放課後等デイも高齢者デイも利用者定員は10人で小規模で、地域に根ざしたアットホームな環境が特徴です。放課後デイや高齢者デイで子供たちや利用者さんが過ごす時間は生活の中の一部でしかありませんし、人生の中でも通過点ですが、とても大切な時間です。私たちはスタッフ皆で、「デイにいる時間だけ」を考えるのではなく、子供たちや利用者さんの「人生や生活の中でのデイ」という観点を持って、日々、支援を行っています。

人と人とのつながりを大切に

KANASAKI, Shin

放課後等デイサービス エリアマネジャー金崎 慎

人間関係の良さがベルアージュの魅力

 私は、黒瀬地区のマネジャーとして、子供たちのまだ来ていない午前中に事務的な仕事や担当事業所間の連携を済ませ、午後は児童発達支援管理責任者として発達支援計画やモニタリングに携わり、子供たちと楽しく過ごしています。
 私は、上司や部下を含むスタッフがとても温かく、他事業所でも助け合い、連携が取れている人間関係の良さにベルアージュの魅力を感じています。

社内外で専門職と連携

 私は、仕事をする上で、子供たちを中心とした家族や学校、他事業所などの関係各所スタッフ同士の人間関係など、人と人との繋がりを大切にしています。それは、社内のスタッフ間もそうですが、地域の他の専門職との関わりも含まれます。
 当然ですが、子供たちが過ごす場所は放課後等デイサービスだけではありません。むしろ、家庭や学校で過ごす時間のほうが圧倒的に多いです。ですから、子供たち一人ひとりの支援計画や目標に沿って、今、放課後等デイでは何をすべきか、何をしたかなどを家族や学校などと情報共有することが大切だと考えています。

子供たちと共に、自分自身も成長できる仕事

子供たちの未来に関われる大切で重要な仕事

「預かり」ではなく「発達支援」

 放課後デイサービスでの仕事は、子供たちの成長の変化を目の当たりできて、自分自身も共に成長できます。よく勘違いされることがあるのですが、放課後デイサービスは子供たちをただ「お預かり」する場所ではなく、「発達を支援」する場所です。
 発達支援には支援目標があり、それを達成する計画があります。ただ、計画はあくまで計画で、子供たちの成長は計画よりはるかに早いこともありますし、修正が必要なこともあります。そのようなことも含め、子供たちの発達支援に関われることはとてもやりがいがありますし、自分自身、子供たちと共に成長していっているという感じです。

スタッフの皆さんと一緒にいろいろなことへ挑戦

 子供たちの発達支援という仕事は、子供たちと同じ目線で考えることができると、きっといろいろなものが見えてくると思います。どれだけ子供たちやご家族の思いを想像できるか...それは簡単なことではありませんが、経験や勉強を通じてこれからも培っていきたいと考えています。これからも子供たちの支援について試みたいことはたくさんあります。スタッフの皆さんと一緒に、常にいろいろなことへ挑戦し成長したいと思います。

求人採用のエントリーはこちら

求人票/エントリー